home 手前味噌

手前味噌

夕飯の味噌汁を作ろうとして、ふといつもお世話になっている山本屋糀店の味噌がほとんどおしまいになっていることに気づきました。
同時に、昨年の冬に妻が味噌を仕込んでいたことを思い出しました。
そろそろいいかなと、味噌かめの蓋を開け、重しをどかし、黒ずんだ表面を取り除いてみたら、 艶やかな茶色をした、さも美味しそうな味噌らしき面が表れました!
山本屋さんの味噌に比べるとだいぶ甘みがありますが、旨味もしっかり、なかなか美味しく仕上がっておりました。
去年仕込んだものが一年の様々な季節を経て、こうして毎日の食卓を支えてくれます。
土鍋に味噌を溶き入れながら、去年の今頃はなにして過ごしてたっけな〜などとぼんやり思い返しました。
極寒佐久穂町の朝の味噌汁は、ほんと〜にしみます。